メインイメージ 推奨サイズW800×280px

会 社 沿 革



昭和  3年 4月 出雲市今市町に於いて永田セメント加工所を創業。
セメント瓦の製造開始。
10年 4月 コンクリート管・排水溝・便槽・水槽の製造開始。
32年 2月 出雲市上塩冶町に有限会社永田商会を創立、永田工場を新設し、建築ブロック製造販売施工工事を開始。
37年 6月 昭和セメント工業有限会社に商号変更。
簸川郡斐川町荘原に斐川第一工場を建設。
鉄筋コンクリートフリュームの製造開始。
39年 7月 出雲市芦渡町に出雲工場を新設。
45年 12月 斐川第一工場が日本工業規格表示許可工場に認定される。 (品目:鉄筋コンクリートフリューム)
48年 5月 簸川郡斐川町坂田に斐川第二工場を新設。
48年 6月 昭和セメント工業株式会社に組織変更。
49年 1月 本社を出雲市上塩冶町に新設移転。
50年 7月 斐川第二工場に於いて円形魚礁の開発、並びに並型魚礁製造開始。
52年 3月 出雲工場が日本工業規格表示許可工場に認定される。 (品目:コンクリート積みブロック)
54年 11月 斐川第二工場が日本工業規格表示許可工場に認定される。 (品目:道路用コンクリート製品)
平成  9年 6月 大原郡大東町に大東工場を新設。
護岸ブロック、魚礁の製造開始。
9年 10月 大東工場が日本工業規格表示許可工場に認定される。 (品目:コンクリート積みブロック)
9年 12月 出雲工場を閉鎖。
14年 4月 斐川第一工場を閉鎖。
20年 1月 大東工場が日本工業規格認証工場となる。 (品目:鉄筋コンクリートフリューム・積みブロック)
20年 3月 永田工場を閉鎖。
斐川第二工場の名称を斐川工場とする。
20年 7月 斐川工場が日本工業規格認証工場となる。 (品目:落ちふた式U形側溝・境界ブロック)